HOMEHOME > 大王の特徴 > デザインサポート体制

デザインサポート体制

お客様の抱える課題や悩みに、弊社開発部スタッフがデザインや版下、図面の制作をサポートいたします。
・ 製品のアイデアはあるが、デザインする人が社内にいない。
・ デザインのイメージは決まったが、製作手配ための図面や原型が用意できない。
・ グッズに台紙・パッケージの印刷まで含めて発注したいが、な版下データが先の顧客からもらえない。
・ 自社に企画部門はないが、デザインまで含めた商品提案がもられば前向きに商品化を検討したい。

弊社ではグッズ製作のご注文をいただいた際、生産の前工程としてデザインや版下を制作いたします。
デザインだけを外部のデザイン業者に依頼するよりもコストや納期面で有利になります。

3面図の制作

例えば立体のマスコットを製作するには、一方向から見た図だけでなく、最低3方向(前方、側面、背面など)の情報が必要になります。
ところが、出版物やホームページだけで使用されているキャラクター等には1方向や2方向のイメージしかない場合が多くございます。
このような時、弊社では見えない部位を想定・補完し、キャラクターの360°の立体情報をお客様に代わって図面化いたします。もちろん制作したデータはお客様にご確認をいただき、校了後に物品の製作を行います。




版下データ

印刷の手配に必要な版下データをお客様に代わって制作いたします。例えば、「パンフレットに印刷された社名ロゴやブランドロゴ」や「WEBサイトに出ているキャラクター(2次元)」を見て版下を制作いたします。
文字の書体(フォント)は、お客様と同一フォントが弊社のCPU環境にない場合、弊社が有するフォントに置き換えさせていただくか、あるいはフォントデータをお客様よりご支給いただきます。

お客様から版下データをご支給いただく場合は、以下のファイル形式でご入稿いただきますようお願いします。
■ロゴデータ、イラストデータ: Aiファイル(またはAdobe illustratorで作成したPDFファイル)。 それ以外のデータの場合もベクター画像にてお願いしております。
■写真画像、スキャナー取り込み画像: JPEG,BMP,PDF,PNG,PSD ※EXCELやWordに貼り付けたデータは後加工や微調整ができないため、極力、貼り付ける前の元画像のデータをご支給ください。
■3Dデータ,3D-CADデータ: STL,STP




お問い合わせフォーム お問い合わせはこちら 東日本 03-3876-1345 西日本 06-6643-7801
ページトップ